コンサバ系の上手な靴のコーディネート

MENU

コンサバ系の上手な靴のコーディネート

コンサバ系ってあまり聞き慣れない単語ですが、実は幅広い世代から好まれているファッションなのです。流行にとらわれておらず、しかもそこまで奇抜なファッションでもないです。どちらかと言うと、カテゴリー的にはキレイめに近いのですが、年齢層が幅広いので、コンサバ系という括りになります。上品さと色気を兼ね備えていて、モテコーデにも活用出来るのがコンサバ系です。着こなし次第で、かなりお洒落になるので、僕もコンサバ系ファッションが大体を占めています。

 

白シャツ×スリムデニムとシンプルなスタイリングでも決まります。その時に気を付けたいのが、シューズです。僕もコーディネートを考える時、シューズに苦戦した覚えがあります。軸になる洋服が、シンプルもしくはキレイめなのでシューズでかなり左右されます。コンサバ系で僕がオススメするシューズは、ローファー、細身のスニーカー、レースアップシューズ・ブーツです。

 

ローファー

↑を通販するならSPUTNICKS

 

例えば、白シャツ×スリムデニムの組み合わせなら、デニムをロールアップして、ローファーやレースアップシャツを合わせて、足元のスッキリさを強調させることで、バランスが取れます。この場合、スニーカーと合わせてもいいのですが、物によってカジュアルに見えるので、合わせるならばグレーのカットソーに白シャツを羽織り、スリムデニムを履いてロールアップをすると、上がカットソーと合わせることで、首に空きが出来るので、スニーカーでもボリュームを出さずに履きこなせます。これらの組み合わせのように、シンプルで使い回しの出来るシューズは持っていると便利です。

 

僕の周りでも、コンサバ系がかなり浸透しています。キレイめの延長線上なので30代でも着こなしやすいのがよりいいです。他にもオススメの合わせ方が、カットソー×Vネックカーディガン×チノパンツ(ロールアップ)とややカジュアル要素が入っている時は、ローファーが役立ちます。テーパードが効いているスッキリとした見た目のアイテムにすることで、ラフなのに上品に見えます。チノパンツは、スニーカーだとラフに見えすぎるので、革靴にするとキチンと感が出ます。コンサバ系で着こなす時は、洋服のバランスや生地を考えて合わせことがポイントだと、僕は思います。

メンズファッションおすすめショップ厳選

1位

2位

3位

スプートニクス

スプートニクス

メンズファッションプラス

メンズファッション+

メンズスタイル

メンズスタイル

モテるメンズファッションを手軽にゲット!

関連ページ

きれいめ系の上手な靴のコーディネート
きれいめ系の洋服を着こなす際、重要視するポイントは靴の合わせ方ですよね。僕も普段はスニーカーやスリッポン等、ラフなシューズが多いのですが、 きれいめ系に合わせる時はいつもと違う、上品なシューズを合わせることが多いです。
カジュアル系の上手な靴のコーディネート
カジュアル系は元気でアクティブな印象を与えてくれるラフなスタイルのイメージですよね。ですのでTシャツにデニム、スニーカーでも、ラフなスタイルなカジュアル系になりますが、それだとお洒落にはなりませんよね?
お兄系の上手な靴のコーディネート
お兄系とはギャル男を少しシックにまとめた事を言い、お兄系が流行り出したころはトンガリ靴が主流になっていました。しかし、最近ではお兄系でまとめている人でもトンガリ靴を履いている人はめっきり見なくなりました。
アメカジ系の上手な靴のコーディネート
アメカジ系とは、アメリカンカジュアルの略で、Tシャツにデニムとラフな格好でまとめられる初心者の方でも簡単に取り入れやすいスタイルだと、僕は思います。僕もたまにアメカジ系のスタイリングをしますが、カットソーにチェックシャツを羽織り、リーバイスのデニムを合わせるだけで、完成してしまう程の簡単さです。