カジュアル系の上手な靴のコーディネート

MENU

カジュアル系の上手な靴のコーディネート

カジュアル系は元気でアクティブな印象を与えてくれるラフなスタイルのイメージですよね。ですのでTシャツにデニム、スニーカーでも、ラフなスタイルなカジュアル系になりますが、それだとお洒落にはなりませんよね?お洒落なカジュアル系の中で決め手になるのが、着こなしと同時にシューズの選び方・合わせ方ですね

 

実際僕も持っている中でカジュアル系が殆どを占めているのですが単にカジュアルだからと言って、洋服はお洒落なのにシューズが伴っていない人が多いといった印象を受けます。お洒落をする時に、僕が一番気をつけるのはシューズなんですよね。

 

例えばですが、ギンガムチェックシャツ×スリムデニムの組み合わせで、シューズは何を履く?と言われると大体皆さんはスニーカーを履くと思います。そのスニーカーも、メーカーや形を問わず履くと、バランスが悪くなるので、僕ならスニーカーも細身のものを履き、トップスがシャツで清潔感が出ている物だからデニムで合わせた時でもラフになり過ぎず、スッキリとした印象を持たせます。

 

また、カジュアルで定番のスウェットスタイルでスウェット×スリムデニムの組み合わせの時は、僕はスニーカーでも、NO ID. ノーアイディーシック&モードなペイズリー総柄スリッポンシューズを選びます。スウェット素材はボリュームが出るので、足元もスリッポンでぽってりした形の方が馴染みます。

 

スリッポン

↑を通販するならSPUTNICKS

 

後、カジュアルといえばボーダーカットソーですが、ボーダーカットソー×チノパンツが一番定番の着こなしだと思います。この時なら、シューズはローファーがオススメです!ローファーと言えば、きれいめ系に使うシューズのイメージがありますよね?

 

ローファー

↑を通販するならSPUTNICKS

 

実はアメリカでは、デニムにローファーがカジュアルスタイルの王道であるくらい、ローファーはカジュアル系に必須のアイテムなんです。ローファーでも、黒よりブラウンのほうが全体的に柔らかみが出るので、僕はブラウンがオススメですね。チノパンツをロールアップして足首を見せれば、印象もよく見えますし、ローファーとのバランスが取れます。

 

こういったように、カジュアル系でもトップスによってシューズを変えることで、よりスタイリングがまとまりお洒落に着こなせます。靴に迷った時は、コーディネートを鏡で見て、バランスを取るとどれが似合うか見えてきますよ。

メンズファッションおすすめショップ厳選

1位

2位

3位

スプートニクス

スプートニクス

メンズファッションプラス

メンズファッション+

メンズスタイル

メンズスタイル

モテるメンズファッションを手軽にゲット!

関連ページ

きれいめ系の上手な靴のコーディネート
きれいめ系の洋服を着こなす際、重要視するポイントは靴の合わせ方ですよね。僕も普段はスニーカーやスリッポン等、ラフなシューズが多いのですが、 きれいめ系に合わせる時はいつもと違う、上品なシューズを合わせることが多いです。
お兄系の上手な靴のコーディネート
お兄系とはギャル男を少しシックにまとめた事を言い、お兄系が流行り出したころはトンガリ靴が主流になっていました。しかし、最近ではお兄系でまとめている人でもトンガリ靴を履いている人はめっきり見なくなりました。
アメカジ系の上手な靴のコーディネート
アメカジ系とは、アメリカンカジュアルの略で、Tシャツにデニムとラフな格好でまとめられる初心者の方でも簡単に取り入れやすいスタイルだと、僕は思います。僕もたまにアメカジ系のスタイリングをしますが、カットソーにチェックシャツを羽織り、リーバイスのデニムを合わせるだけで、完成してしまう程の簡単さです。
コンサバ系の上手な靴のコーディネート
コンサバ系ってあまり聞き慣れない単語ですが、実は幅広い世代から好まれているファッションなのです。流行にとらわれておらず、しかもそこまで奇抜なファッションでもないです。