ストールの上手な巻き方やコーディネート

MENU

ストールの上手な巻き方やコーディネート

メンズファッションにおいて、ストールは完全に市民権を得、定番アイテムと化した、と断言できます。2008年頃から注目され始め、幾多の淘汰を経てきました。ここ3、4年、もはやコーディネートに外せないアイテムの1つとして、重要度はますます上昇しています。ネクタイでも、マフラーでもないストールの立ち位置のニュートラルさ。メンズファッションの首回りのバランスは、劇的な変化を遂げました。

 

ストールの巻き方解説

【写真】SPUTNICKS

 

ただ実際、こんな声を僕の周囲でよく耳にします。「買ってはみたものの、タンスに仕舞ったままになっている」「どのシーンで使用していいか分からない」「季節によって、どうコーディネートしていいか迷う」…どれも、非常によく分かります。季節感あるマフラーや、オールシーズン着用可能なネクタイと違って、ストールの「どっちつかず感」は選択の幅が多い分混乱するでしょう。

 

使う側のセンスとオリジナリティが、ちょっとだけ求められるのです。ストールはコーディネートに取り入れるだけで、自分のファッションを格上げしてくれる非常に便利なアイテムですから、活用しない手はありません。ここでは簡単なコーディネートの方法を3つ提案しましょう。

 

1つ目は、オフのカジュアルスタイルにコーディネートすることです。男性のファッションの、ともすれば固くなりがちなテイストに、ストールは華やかさを添えてくれます。一番気楽に楽しんでいただけるのは、オフで遊びに出掛ける時。旅行などで、ジャケットやGジャン、Tシャツ等にサラっと加えるだけで、オフの非日常感を演出できます。

 

ストールのメンズ着こなし

↑を通販するならメンズスタイル

 

外出先での寒暖の差に合わせた調節も可能な為、持ち運びがそこまでかさ張らないという利点も。2つ目は、シーズンの特色がよく出ている質感のものをチョイスすること。

 

ストールのメンズ着こなし2

↑を通販するならSPUTNICKS

 

秋冬はマフラーがありますが、春〜初夏にかけて、リネン(麻)やコットンの風合いがしっかり出ているものをチョイスしてみましょう。マンネリしがちなコーディネートにしっかりと「季節感」がプラスされます。特に、麻は今年のトレンド的にも非常に注目されている素材です。この風合が程よく出ているストールをチョイスすることで、気軽にトレンド要素をコーディネートに着回しできる筈です。

 

3つ目は、出来るだけ丈の長いものを選ぶこと。ストールを取り入れるのが初めての方にありがちなのは、つい保守的になって、丈が短くボリュームのないものをチョイスしてしまうこと。実は、これが失敗のもとです。短いストールは巻き方に幅がない為、どうしても印象が一辺倒になりがちです。また、「巻かずにラフに首にかけておく」だけで、長いストールは縦長のスッキリしたバランスを作りやすいのです。無造作に首にかけるだけでもサマになりやすい、非常に便利なアイテムです。

 

現在は質、量、プライス、デザインの全てにおいて、ウィメンズにひけをとらないバリエーションがあります。ぜひ、ストールを気軽にコーディネートに加えてみましょう。今までの自分とは、一歩違った世界が広がる筈です。

メンズファッションおすすめショップ厳選

1位

2位

3位

スプートニクス

スプートニクス

メンズファッションプラス

メンズファッション+

メンズスタイル

メンズスタイル

モテるメンズファッションを手軽にゲット!

関連ページ

レギンスのメンズファッションコーデ
レギンスファッションは、一般的に女性がするものですが、最近ではメンズの間でも注目されるようになってきまして、冬に向けたメンズ向けのレギンスファッションはどうなっているのでしょうか。