2010年代メンズファッションの歴史

MENU

2010年代メンズファッションの歴史

2010年代のメンズファッションはどんなものが流行したのでしょうか?この年代で流行ったものの中で現段階でも流行している柄のなかで人気なのがレオパード柄です。メンズファッションの中でも柄物を取り入れるというのは、レディース程浸透されておらず、周囲のなかでトレンドを気にしている友人達の話を聞く限りでは「取り入れたいけれど、合わせ方がわからない」「柄物を着たことがないから緊張する」などの意見また着たい気持ちはあるが、取り入れ方が難しいという意見が多数ありました。

 

レオパード柄のマフラー

↑を通販するならSPUTNICKS

 

確かに、一見柄物はクセがあるように見えて実は使い方次第でまとまりが出るアイテムだと僕は思います。例えば、レオパード柄のパンツやトップの場合強調されすぎて取り入れにくいですが、スニーカーやキャップ等の小物に取り込むことによって、派手になりすぎず、でもパンチの効いたコーディネートが完成されます。合わせ方としては、スウェットパーカー×ワークパンツ×バンズのスリッポン×レオパード柄のキャップ等流行のストリートスタイルでまとめることにより、ラフさの中にも個性が出てきます!これでリュックを背負うと、よりかっこいい仕上がりです。

 

レオパード柄の靴

↑を通販するならSPUTNICKS

 

また、シューズに入れるならば、白シャツ×テーラードジャケット×スリムデニムパンツ(濃)×レオパード柄のスリッポン等ジャケパンスタイルのはずしとして、柄物を活用するとお洒落さがより出てくる為、一歩先を行くトレンドスタイルへと変身します。僕は、特にキレイめのハズしとしてレオパード柄を入れるのがオススメでアパレル店員や雑誌モデルがやるような、小物遣いが美味い人がよりお洒落だと思います。

 

後、流行っていたのがクロップドパンツです。これは丈が8分と短めなので、ハイカットスニーカーやローファー等シューズ合わせには困らない使い勝手のいいパンツです。

 

クロップドパンツ

↑を通販するならSPUTNICKS

 

足首にアンクレットを付けるのが流行っていたので、夏場ならサンダル、冬場ならブーツと合わせても着こなしの幅が広がります。女性だったら足首を細く見せる効果がありますが、男性の場合も綺麗な足首を演出できてお勧めです。少年っぽい遊び心も出せますので女性受けはいいですね。

メンズファッションおすすめショップ厳選

1位

2位

3位

スプートニクス

スプートニクス

メンズファッションプラス

メンズファッション+

メンズスタイル

メンズスタイル

モテるメンズファッションを手軽にゲット!

関連ページ

50年代メンズファッションの歴史
最近は年代別ファッションがとても流行ですよね。 古着が好きな方も多い中、1950年代と言えば、みんなが知っている「アメカジ系」ファッションの原点でもあります。
60年代メンズファッションの歴史
1960年代のファッションは、最近のファッションにも取り入れられていることが多く、その洋服の系統は多彩なものです。60年代、最も人気が高かったのがヒッピーです。
70年代メンズファッションの歴史
1970年代はと言うと、60年代から引き続き、ヒッピースタイルが流行っていました。世界的な盛り上がりは60年代でしたが、日本は根強く残っていました。
80年代メンズファッションの歴史
1980年代はと言うと、ファッションが活性化しだした時代だと思います。まず、面白いなと思ったのが竹の子族です。原色使いのカラフルな衣装を身にまとい、道端でディスコサウンドに合わせて、踊りを楽しむといった団体の総称を言います。
90年代メンズファッションの歴史
1990年と言えば、ちょうど高度経済成長でバブル時代とも呼ばれていました。バブル時代は、金回りもよく女性であればボディコンが流行ったと言う記憶が残っている方が殆どでしょう。そんな時代のメンズファッションはと言うと、裏原系ファッションが流行りました。
2000年代メンズファッションの歴史
2000年代と言えば、今までならばスタイリングの手本として、誰かの着こなしや髪型等を真似ていたのが、ファッションリーダー的存在がいなくなった為、独自でお洒落を楽しむと言ったファッションの多様化社会になり始めた時代です。
2014年メンズファッション春夏コーデ【お勧めランキング】
2014年の春夏メンズファッションのコーデとしてお勧めを厳選してご紹介します。モテるファッションを求めている特にお洒落ではない男性は、手軽にトレンドを取りいれたお洒落ファッションが手に入ります。
2014年メンズファッションのトレンド
2014年、メンズファッションは、新たな着こなしがマストとなりそうな気配です。カッチリとしたジャケットにタイトなホドムという、トラッドでプレッピーなスタイリングが、2013年まで長く定番として続いていましたが、それが一変。