ソフトハット(中折れ帽)のコーディネート

MENU

ソフトハット(中折れ帽)のコーディネート

スタイリングにかかせない要素には、実に様々なものがあります。その中でも、特にメンズのコーディネートに華を添えてくれるのが、帽子のバリエーションです。過去も現在も、メンズファッションにおいて、非常に重要な役割を果たしてきました。

 

ソフトハット3種

↑を通販するならSPUTNICKS

 

そして、現在ではどのショップに行っても、店頭でも通販でも、帽子のバリエーションは数多くあり、潤沢な選択肢が揃っています。僕個人としては、帽子の成り立ち、歴史や背景を理解することで、おのずとそれに合わせる洋服のテイストと、TPOに合わせたスタイリングが決まりやすいと思っています。

 

ソフトハット…現在では中折れでつばがそこまで広くないものを指すことが多いですが、元々はイタリアのボルサリーノ製が有名な、フェルトの帽子です。現在はストローやフラノ地等、様々な素材の中折れ帽があります。それだけ、この形は世界中の男性達に愛され続けてきました。

 

1950年頃までは男性の一般的なスタイリングに使用され、非常にコンサバティブなアイテムでした。しかし現在、そのコーディネートはオフィシャルな場からカジュアルなオフ使用まで、様々なTPOに幅広く対応し、活躍の幅は多岐にわたっています。

 

定番中の定番である、グログランのリボンがついた、黒いフェルトのソフトハット。これを使って、オールシーズンに対応出来る着こなしを2つ提案したいと思います。

 

テイストをフルに生かした、ジレを着こなす

 

ソフトハットに似合うコーディネート

↑を通販するならSPUTNICKS

 

羽織るだけで、品のあるレイヤードスタイルが完成する、非常に便利なアイテムのジレ。ソフトハットのもつ、クールで知的なテイストとの相性は抜群です。帽子以外にも、ストールのような小物でのレイヤードスタイルも決まりやすいという、非常に優秀なアイテムです。今回、お勧めしたいジレスタイルは、デニムをボトムに添えて、シャツをオフスタイルに崩すコーディネート。

 

ソフトハットに似合うコーディネート2

↑を通販するならSPUTNICKS

 

カジュアル気味にハズしを入れましょう。ソフトハット+ジレという、ハマりすぎているトラッドテイストに、ラフさをプラスして、全体のバランスをとっています。ボトムは、2014年のトレンドアイテムであるバミューダや、スエット素材のパンツでも差し替え可能です。

 

Tシャツやカラーパンツ、カジュアルアイテムで遊びを

 

ソフトハットに似合うコーディネート3

↑を通販するならインフォアブソ

 

ソフトハットにコーディネートするボトムで、特に提案したいのはカラーパンツです。特に、ストレッチ効果が効いた、スッキリしたシルエットのカラーパンツを一押ししたい。ボトムのタイトなシルエットは、ソフトハットのボリュームと抜群のバランスです。カラーは自分が好きなカラーを、ぜひチョイスしてください。その際、トップスに持ってくるカラーは、黒や白・グレー等のベーシックなカラーで押さえ気味にして、全体のバランスをとるといいでしょう。

 

最初は見慣れていなくても、ソフトハットはかぶり慣れていくことで、見た目の印象だけでなく、コーディネートのテクニックの幅を広げてくれます。ぜひ、様々な上級者テクニックを身につけ、帽子ライフを満喫してくださいね。

メンズファッションおすすめショップ厳選

1位

2位

3位

スプートニクス

スプートニクス

メンズファッションプラス

メンズファッション+

メンズスタイル

メンズスタイル

モテるメンズファッションを手軽にゲット!

関連ページ

ニット帽の上手なコーディネート
ニット帽が冬のアイテムである、という概念は過去のものになりました。今やシーズンを問わないファッションと認識され、コーディネートには欠かせない定番のキーアイテムとして、その存在感をますます増しています。
マウンテンハットの上手なコーディネート
マウンテンハットを、皆さんはご存知でしょうか。帽子のクラウン(山なりになった部分)がゴツゴツとしていて、見る角度によって形がまるで違う。
キャップの上手なコーディネート
一口にキャップといっても、実は様々なテイストのキャップがあります。ここ数年で人気が大爆発しているNew Eraに代表されるベースボールタイプのものや、ゴルフ、アウトドアに多いワイドタイプ、また男らしいワイルドさが魅力のワークキャップなどなど。
ハンチングの上手なコーディネート
元々、ハンチングは19世紀のイギリスの上流階級で始まりました。イギリス貴族の、乗馬や狩猟といった激しいスポーツ用の帽子…それがハンチングです。