マウンテンハットの上手なコーディネート

MENU

マウンテンハットの上手なコーディネート

マウンテンハットを、皆さんはご存知でしょうか。帽子のクラウン(山なりになった頭を包む部分)がゴツゴツとしていて、見る角度によって形がまるで違う。そしてデカい!希代のファッションデザイナーにして、セックス・ピストルズの生みの親、マルコム・マクラーレン。彼が愛用していたことで、一気に火がついたアーティスティックな帽子です

 

それ故に、非常にマニアックに深く愛用しているファッショニスタが多い。特に、マルコム・マクラーレンのパートナーであったヴィヴィアン・ウエストウッドの前身ブランドであり、現在はヴィヴィアン・ウエストウッドの本店であるブティック「ワールド・エンド」で販売されているマウンテンハットは、彼らの憧れのアイテムです。

 

さて、そんな個性的なマウンテンハットですが、現在は様々なヘアキャップブランドによって製造されており、目にする機会も多いはずです。ただ、その個性とファッション感溢れるスタイル故に、コーディネートには、かぶる人の持っている世界観が試されるのです。さて、僕が提案するなら、マウンテンハットのコーディネートは2つです。

 

1つは、マルコム・マクラーレンのコーディネートをお手本に、パンクなテイストを、少しだけ盛り込むこと。このテイストは中毒性がある為、つい過剰に盛り込み過ぎになりそうですが、そこは世間とのバランスをとりましょう。コーディネートしやすいのは、トレンド要素の強いロックなアイテムをチョイスすること。2014年でしたら、断然足下とジャケット。具体的には、エンジニアブーツと、ライダースジャケットです。

 

マウンテンハットに似合う服装

↑を通販するならメンズスタイル

 

ライダースジャケットでのコーディネートは、ボトムをカーゴパンツやチノパンなどで、少しユルめにハズすことがポイントです。デニムでも問題ありませんが、2014年のトレンドでは、少しハードになりすぎるかもしれません。

 

また、エンジニアブーツも、スタイリングアイテムとしては、ほぼ通年になってきました。非常にコーディネートしやすい筈です。

 

マウンテンハットに似合う靴

↑を通販するならSPUTNICKS

 

足下がハードなので、トップスはパーカーなど、ゆるめの素材と羽織をチョイスしてあげれば、マウンテンハットの放つ強烈な個性との兼ね合い、バランスもいいはずです。

 

2つ目は、帽子の個性を存分に引き出す為に、シンプルでシックなコーディネートを徹底して心がけること。実は、マウンテンハットは、その個性の強さゆえにユニセックス性の強い帽子でもあります。スッキリシンプルな、品のあるコーディネートとも非常に好相性なのです。

 

帽子本来のもつ特性…それだけで、スタイリングを格上げしてくれる、という要素を遺憾なく発揮しましょう。ラフなスタイルなら、「デニムにシャツとストール」というシンプルなコーディネートにマウンテンハットをプラスするだけ。これで、かなりの上級者といえます。

 

マウンテンハットに似合う服装2

↑を通販するならSPUTNICKS

 

また、ジャケットとのコーディネートもぜひお勧めしたい。特に、春夏のスタイリングでヘビロテの、リネンのテーラードジャケットにチノパンという定番コーディネートにあわせて頂くと、アーティスティックな魅力がプラスされるのです。

 

マウンテンハットに似合う服装3

↑を通販するならメンズスタイル

 

いかがでしたか?その背景とカリスマが愛した歴史から、ファッショニスタに愛され続けているマウンテンハットの魅力は、やはり取り入れてみないと分かりません。街に出向き、マウンテンハットをぜひ試着してみてください。圧倒的な個性と、その深い世界観に、きっと皆さんも魅了されることでしょう。

メンズファッションおすすめショップ厳選

1位

2位

3位

スプートニクス

スプートニクス

メンズファッションプラス

メンズファッション+

メンズスタイル

メンズスタイル

モテるメンズファッションを手軽にゲット!

関連ページ

ニット帽の上手なコーディネート
ニット帽が冬のアイテムである、という概念は過去のものになりました。今やシーズンを問わないファッションと認識され、コーディネートには欠かせない定番のキーアイテムとして、その存在感をますます増しています。
ソフトハット(中折れ帽)のコーディネート
スタイリングにかかせない要素には、実に様々なものがあります。その中でも、特にメンズのコーディネートに華を添えてくれるのが、帽子のバリエーションです。
キャップの上手なコーディネート
一口にキャップといっても、実は様々なテイストのキャップがあります。ここ数年で人気が大爆発しているNew Eraに代表されるベースボールタイプのものや、ゴルフ、アウトドアに多いワイドタイプ、また男らしいワイルドさが魅力のワークキャップなどなど。
ハンチングの上手なコーディネート
元々、ハンチングは19世紀のイギリスの上流階級で始まりました。イギリス貴族の、乗馬や狩猟といった激しいスポーツ用の帽子…それがハンチングです。