短足の人のファッション【メンズ着こなし】

MENU

短足の人のファッション【メンズ着こなし】

pantコーディネートをするにあたって、洋服をカッコ良く着こなしたいけれど、コンプレックスが邪魔をする…とお悩みの方も多いでしょう。その中でも足が短いことに、コンプレックスを感じている方も多いでしょう。最近では特に、足が長い人がかっこいい!と言った風に印象だけで、モテるかモテないかが分かれます。ここは絶対に死守したいところですよね。

 

そこで、僕がオススメする短足の人の為のコーディネートをご紹介致します。中でもオススメなのが、スプートニクスに掲載中の、JOHNBULL ジョンブルロールアップしやすいストレッチサテンコットンパンツです。サテンとは生地に仄かに光沢があるものを言います。

 

短足の人にお勧めのパンツ

↑を通販するならSPUTNICKS

 

 

こちらのパンツは、程よい細さと着丈の長さ特徴的です。伸縮素材が入っているので、履きやすさは抜群ですし、凄いのはロールアップした時の生地の収まり具合が、とてもスッキリしています。短足の人は、緩めのパンツやサルエルパンツを好む傾向がありますが、足の一番細い足首の部分にボリュームが出るパンツや、股上の部分がもったりしたシルエットのパンツは、足が短く見えます

 

なのでお尻周りの余りも程よく、足首周りがスッキリ見えるこちらのパンツがオススメです。着こなしとしては、冬場でしたらニットカーディガンにストレッチサテンコットンパンツを合わせてショート丈のPコートとスニーカーでクラシカルに着こなすのもおしゃれに見えて良いでしょう。ポイントとしては、トップはショート丈でメリハリを付けると、縦に長く見えます。

 

短足の人にお勧めのロングダッフルコート着こなし

↑を通販するならSPUTNICKS

 

そして、よりオススメなのは、トップスの色を明るくすることです。明るい色に目が行くので、足元はカバー出来るのです。また、野暮ったくなりがちなロングコートも、着こなし方次第で相性が良くなります(↑写真参照)。チェックシャツとストレッチサテンコットンパンツを合わせて、ロングダッフルコート×スエードシューズで上品且つスタイリッシュにするのが、お洒落上級者です。

 

注意点としては、ロングコートの場合、単色のシャツ(白シャツなど)だけなら、野暮ったくなります。中にチェックシャツを入れる事により、上にボリュームがいくので、足元に目線がいきません。足元に工夫を入れるのなら、足元はロールアップしてソックス×ローファーにすると、パンツとソックスの重なっている部分の効果で、足が長く見えます。こちらも試してみて下さい。

メンズファッションおすすめショップ厳選

1位

2位

3位

スプートニクス

スプートニクス

メンズファッションプラス

メンズファッション+

メンズスタイル

メンズスタイル

モテるメンズファッションを手軽にゲット!

関連ページ

細身
体型が細身であるが為に、ファッションがしっくりこない…。そんな悩みを抱えている男性の為に、細身の人が抑えておくべきコーディネート(着こなし)のコツをご紹介します。
ぽっちゃり
ぽっちゃり体型の男性向けのお勧めコーディネートをご紹介します。着こなしの際のテクニックやコツなどもご紹介します。冬など寒い季節だけでなく、夏などの熱い軽装の時期の着こなしテクもご紹介しています。
低身長
身長が小さい人も着こなしによっては小ささを感じさせないようにすることも可能です。身長が小さい男性のコーディネート例をご紹介します。彼氏へのファッションアドバイスとしてもご参考ください。
狭い肩幅
肩幅が狭い人にお勧めのファッションをご紹介します。男性の着こなしテクです。春夏秋冬問わずに活かせるファッションテクですので是非参考にしてみて下さい。
薄い胸板
コーディネートを組む時に、胸板の厚みで、「洋服の着こなしもだいぶ変わるな。」と思われる人もいるのではないでしょうか。男性の胸板は、ステータスのようなものですよね。
デカ頭
最近顔が小さい男性が増えてきている中で、逆に顔が大きい・頭がデカイという事がコンプレックスな方も多いのではないでしょうか。そんな悩みを持った方に、僕がオススメのコーディネート術や、着こなしのコツをご紹介致します!
なで肩
なで肩が気になって、洋服選びが難しい…なんて苦い経験はありませんか?なで肩は男性にとって、難題ですよね。フィッティングの際もよく、「なで肩が気になって何を着てもしっくり来ない」というお客様もいらっしゃいました。
薄着の季節にお腹を隠すファッションは?
薄着になると、太っている人はお腹を隠すファッションをしたいと思うでしょう。女性の場合は最近、チュニックなど一枚上に着てお腹を隠すファッションが人気のようですが、メンズファッションにはそういったものがあまりありません。