なで肩の男のファッション

MENU

なで肩の男のファッション

なで肩が気になって、洋服選びが難しい…なんて苦い経験はありませんか?なで肩は男性にとって、難題ですよね。フィッティングの際もよく、「なで肩が気になって何を着てもしっくり来ない」という男性も多いみたいです。そんななで肩で悩んでいる人に、出来るだけなで肩をカバーする、コーディネートやコツをご紹介します。

 

なで肩の男性にお勧めのファッションコーデ

↑を通販するならSPUTNICKS

 

まず、オススメの商品はスプートニクス掲載中の、NOID. ノーアイディーのカーディガンコットンリネンニットショールカラーです。どこがオススメかと言うと、通常のニットカーディガンより厚みがあり、首元の空きもそんなにないのであまりなで肩が強調されません。ジャケットコーディネートも、なで肩の方は肩パットで防げるのですが、やっぱり同じものばかりだと飽きてしまうと思うので、カーディガンのオススメにしました。

 

またVの空き具合も程よいですし、コットンとリネンで作られているので、特に春先などは、丁度いいかと思います。時期的にも、3シーズン使えるのは非常にお得ですね。コーディネートも、ちょっとキレイめな感じだと、コットンリネンニットショールカラーに白シャツと黒のスラックスを合わせてローファーでシンプル且つ大人っぽくまとめるのがおすすめです。インナーをシャツにしたのは、肩周りに多少ボリュームを持たせて、肩のラインをぼやかすためです。

 

また襟を少し立てると、顔周りがシャープに見えるので、小顔効果も兼ねるので、取り入れやすいテクニックと言えるでしょう。また、カジュアルだとコットンリネンニットショールカラーに無地のボートネックカットソーを合わせて、ボトムスにはチノパンツ(ロールアップ)、そしてスニーカーとラフなテイストにも合います。ちなみにボートネックというのは以下のような首元の形を言います。横長になっている形ですね。

 

ボートネックカットソーの例

↑を通販するならインフォアブソ

 

インナーをボートネックカットソーにすると、鎖骨が見えないくらいのラインなので、肌が見える面積が少ないため、詰まって見えます。そのおかげで肩にハリのあるラインが生まれるので、気にならない程度に収まります。後はボトムスとシューズをカジュアルにすると、完成です。重要なのは、若干のボリュームとトップス選びです。トップスはシャツやボートネックカットソーがなで肩を緩和してくれるので、かなりオススメですよ。

メンズファッションおすすめショップ厳選

1位

2位

3位

スプートニクス

スプートニクス

メンズファッションプラス

メンズファッション+

メンズスタイル

メンズスタイル

モテるメンズファッションを手軽にゲット!

関連ページ

細身
体型が細身であるが為に、ファッションがしっくりこない…。そんな悩みを抱えている男性の為に、細身の人が抑えておくべきコーディネート(着こなし)のコツをご紹介します。
ぽっちゃり
ぽっちゃり体型の男性向けのお勧めコーディネートをご紹介します。着こなしの際のテクニックやコツなどもご紹介します。冬など寒い季節だけでなく、夏などの熱い軽装の時期の着こなしテクもご紹介しています。
低身長
身長が小さい人も着こなしによっては小ささを感じさせないようにすることも可能です。身長が小さい男性のコーディネート例をご紹介します。彼氏へのファッションアドバイスとしてもご参考ください。
短足
短足の人のファッションで注意したいコツなどをご紹介します。パンツやコートの着こなしを中心に短足が目立ちにくいファッションを提案します。
狭い肩幅
肩幅が狭い人にお勧めのファッションをご紹介します。男性の着こなしテクです。春夏秋冬問わずに活かせるファッションテクですので是非参考にしてみて下さい。
薄い胸板
コーディネートを組む時に、胸板の厚みで、「洋服の着こなしもだいぶ変わるな。」と思われる人もいるのではないでしょうか。男性の胸板は、ステータスのようなものですよね。
デカ頭
最近顔が小さい男性が増えてきている中で、逆に顔が大きい・頭がデカイという事がコンプレックスな方も多いのではないでしょうか。そんな悩みを持った方に、僕がオススメのコーディネート術や、着こなしのコツをご紹介致します!
薄着の季節にお腹を隠すファッションは?
薄着になると、太っている人はお腹を隠すファッションをしたいと思うでしょう。女性の場合は最近、チュニックなど一枚上に着てお腹を隠すファッションが人気のようですが、メンズファッションにはそういったものがあまりありません。