肩幅が狭い人のファッション【メンズ着こなし】

MENU

肩幅が狭い人のファッション【メンズ着こなし】

最近の男性は、肩幅の狭い人がとても多いという印象を受けます。アパレルショップで店員をする友人に聞いたのですが、店に来られるお客様にも「肩に合わせるにはちょっと大きい」とデザインが気に入っても購入を断念される方も多いらしいです。そんな肩幅が狭い人でも、お洒落にカッコ良く着こなせるコーディネートのコツをご紹介致します。

 

僕がオススメするコーディネートに必要なマストアイテムが、コチラです。スプートニクス掲載中のsome might say サムマイトセイC/RニットVネック長袖カーディガンです。

 

ニットVネック肩幅狭し

↑を通販するならSPUTNICKS

 

こちらのカーディガンはかなり万能で、春・秋・冬の3シーズン使えます。どこがオススメなのかと言うと、まずサイズ展開が広いです。SからXLまでと自分に合ったサイズを選べますし、ピッタリとしたシルエットなので、肩幅が狭い方でも、肩の部分が浮いてしまうなんてこともありません。また、カラーバリエーションも13色とかなり豊富です。例えば、淡いグレーや白など柔らかみのある色味よりも、ロイヤルブルーやエンジと言ったカラー物を選ぶ方が、より肩のラインをボカす事が出来ます。袖もリブなので、多少大きくても手首で止まるので、着られた感もありません。

 

オススメのコーディネートは冬場なら、ニットVネック長袖カーディガンにチェックシャツとカットソーを合わせ、デニムとブーツ、締めのショート丈ダウンと、ややカジュアルにしてもいいですね。アイテム自体はシンプルなので、何にでも合います。また、アウターがダウンなのは多少コンパクトな作りなので、肩の狭さがより気にならないからです。

 

肩幅が狭い人にお勧めのコーデ

↑を通販するならSPUTNICKS

 

もし春に着られるなら、オックス白シャツにニットVネック長袖カーディガンのカラー物を合わせて、更にチノパンツとブーツもしくはチノパンをロールアップさせてローファーも良いですね。こう言ったシンプルをやや綺麗めにしてみるコーディネートも、バランスが取れていいと思います。

 

ロールアップ

↑を通販するならインフォアブソ

 

ポイントは、パンツのロールアップです。足首が見えることで、足が長く見えるので、肩の狭さより足元に目線が行きます。肩のサイズをピッタリにするのも、方法の一つですが、肩以外に注目を集めるのも効果的です。トップをきれいめでまとめて、ボトムスをカジュアルにして外す。その際にスニーカーを持ってくるとより足元のカジュアル感が目立って注目を集められます。

メンズファッションおすすめショップ厳選

1位

2位

3位

スプートニクス

スプートニクス

メンズファッションプラス

メンズファッション+

メンズスタイル

メンズスタイル

モテるメンズファッションを手軽にゲット!

関連ページ

細身
体型が細身であるが為に、ファッションがしっくりこない…。そんな悩みを抱えている男性の為に、細身の人が抑えておくべきコーディネート(着こなし)のコツをご紹介します。
ぽっちゃり
ぽっちゃり体型の男性向けのお勧めコーディネートをご紹介します。着こなしの際のテクニックやコツなどもご紹介します。冬など寒い季節だけでなく、夏などの熱い軽装の時期の着こなしテクもご紹介しています。
低身長
身長が小さい人も着こなしによっては小ささを感じさせないようにすることも可能です。身長が小さい男性のコーディネート例をご紹介します。彼氏へのファッションアドバイスとしてもご参考ください。
短足
短足の人のファッションで注意したいコツなどをご紹介します。パンツやコートの着こなしを中心に短足が目立ちにくいファッションを提案します。
薄い胸板
コーディネートを組む時に、胸板の厚みで、「洋服の着こなしもだいぶ変わるな。」と思われる人もいるのではないでしょうか。男性の胸板は、ステータスのようなものですよね。
デカ頭
最近顔が小さい男性が増えてきている中で、逆に顔が大きい・頭がデカイという事がコンプレックスな方も多いのではないでしょうか。そんな悩みを持った方に、僕がオススメのコーディネート術や、着こなしのコツをご紹介致します!
なで肩
なで肩が気になって、洋服選びが難しい…なんて苦い経験はありませんか?なで肩は男性にとって、難題ですよね。フィッティングの際もよく、「なで肩が気になって何を着てもしっくり来ない」というお客様もいらっしゃいました。
薄着の季節にお腹を隠すファッションは?
薄着になると、太っている人はお腹を隠すファッションをしたいと思うでしょう。女性の場合は最近、チュニックなど一枚上に着てお腹を隠すファッションが人気のようですが、メンズファッションにはそういったものがあまりありません。